★最安値公式サイトはこちら★
ファムズベビー


赤ちゃんのお世話をブロブやSNSに綴っているママたちの間で話題となってる『ファムズベビー』。

乳児湿疹が出てしまった赤ちゃんのデリケートなお肌に保湿ケアしてくれるスキンケア製品です。

 

口コミを見ていると、効果を実感したという良い口コミが多数見られましたが、成分についてはあまり触れられていませんでした。

 

効果があると言われても、大事な赤ちゃんに成分がよく分からないものを使うのは怖いですよね!

 

 

全成分について

 

公式サイトで気になる成分を調べて見たところ、以下のような成分が配合されていることが分かりました。

 

  • ステアリン酸グリセリン
  • ジメチコン
  • PVP
  • TEA
  • セタノール
  • トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル
  • アロエベラエキス-1
  • セテアリルアルコール
  • セテアレス-20
  • EDTA-4Na
  • 酢酸トコフェロール
  • メチルパラベン
  • プロピルパラベン

 

成分の名前は分かりましたが、一体どれが保湿バリアの主成分になっているのでしょうか?

 

配合している成分の多くが保湿作用を持っているものばかりなのですが、

成分をさっと見ただけだと、ファムズベビーの保湿バリアを実現させている成分というのは

あまり見聞きしないものなのかな?と感じます。

 

ファムズベビーのメイン成分は以下の2種類です。

 

    • ジメチコン

 

  • PVP(ポリビニルピロリドン)

 

この2種類は合成ポリマーと呼ばれています。

 

 

合成ポリマーってとは?

 

 

合成ゴムや合成樹脂といったものをまとめて合成ポリマーと言いますね。

 

増粘剤や皮膜形成剤として化粧品や工業製品など多数のものに採用されています。

 

 

特にゴム製品や接着剤、ソフトコンタクトレンズや車のコーティングなどに含まれているものです。

 

 

化粧品の場合だと、シャンプーやコンディショナーやスタイリング剤といったヘアケア製品、スキンケア製品の化粧水や乳液に含まれることが多いですが、どれも少量です。

 

化粧品に合成ポリマーが使われるのは、基本的にメイン成分ではなくサポート成分としてが多いですよ。

 

成分自体は毒性を持っていないので、少しの量でスベスベお肌になりますが、皮膚に張り付くという特徴があります。

 

なので、長い時間使っていると毛穴の詰まりや皮膚呼吸の邪魔になったりする可能性もゼロではありません。

 

その他の成分がこちら!

基礎成分としては以下のものも含まれています。

 

    • ステアリン酸グリセリル

 

  • トリカプリルカプリン酸グリセリル

 

安全へ悪影響を与えるわけではなく、それなりの保湿作用を持っている成分です。

 

    • セタノール

 

    • セテアリルアルコール

 

  • セテアレス-20

 

これらは合成海面活性剤と呼ばれるもので、皮膚を保護する作用や乳化作用を持っているものです。これらもやはり毒性がない成分で安全性が高いと言われています。

 

 

    • メチルパラベン

 

  • プロピルパラベン

 

防腐剤ではありますが低刺激性で、安全性が高いと言われています。

 

pH調整剤として配合されているのがTEA、ビタミンEであるトコフェロールは抗酸化作用を発揮します。保湿作用を持つアロエベラエキスも配合されています。

 

成分を見ていくと、どれも安全せが高いと言われているものばかりなので、厳選されていることが分かります。

ネットでは評判はいいの?

 

ファムズベビーの気になる成分と効果を説明しましたが・・・正直いってちょっと気になるものも入ってましたね。では実際に使った人の口コミはいかがでしょうか?

 

@コスメの口コミが分かるページがありました。

 

 

7点満点で5.9点というのはかなり高い評価なのではないかと思います。

 

口コミの中には辛口な意見もありましたが、もうほぼ6点ですからね、総合的に判断しても高評価を得ていることは一目瞭然です。

 

赤ちゃんの乳児湿疹対策だけでなく、肌荒れしてしまったママが使っているという口コミもありました。

 

1件だけ『効果がなかった。』と書き込んでいる口コミがありましたが、ファムズベビーが原因で肌荒れしてしまったという体験談はなし。

 

 

なぜ高評価なのか?

 

口コミで高評価を得ているファムズベビーですが、多くのユーザーが乳児湿疹の改善効果を感じているため、そこまで高い評価になっています。

 

成分を見てみるときになるものが多少あるものの、肌荒れが起きたという口コミはなかったので、ファムズベビーでなぜ肌荒れなどのトラブルが発生していないのか?という点もチェックして見ましょう。

 

ファムズベビーに含まれている合成ポリマーに意外なメリットがあったことと、工夫にこだわりがあるからこそ、お肌トラブルが発生していないのだと考えられます。

 

 

合成ポリマーに意外なメリットが!?

合成ポリマーを説明した際に肌に貼りつくというデメリットがあるとご説明しました。

 

一見デメリットに見えるものの、それこそが乳児湿疹では有効に働いたと考えられるのです。

 

赤ちゃんのお肌というのはとても薄く、角質層もかなり薄くなっています。そこでダメージを受けた状態である乳児湿疹になってしまうと、私たちが考える以上にお赤ちゃんのお肌はダメージを食らっているということになります。

 

 

乳児湿疹が起きた場合にははワセリンやワセリンや保湿クリーム、べビーオイルなどを塗ってお肌や角質を守ってあげるのが治療となります。けれども想像以上にダメージを受けている赤ちゃんの角質は、それだけでは保護しきれていないことも多いのです。

 

そんな時にデメリットがメリットになる、それこそが合成ポリマー!

 

肌に張り付くという特徴を持っている合成ポリマーが、ダメージを受けた赤ちゃんのお肌にしっかり張り付くために、より強力なバリア層が作られるんです。

 

強固なバリア層を作ってくれる合成ポリマーだけでなく、保湿効果を持った成分が豊富に含まれているので、保湿効果をもたらしながら強いバリア層が形成されるのです。

 

ファムズベビーが作る強力なバリア層は、こんなメリットをもたらします。

 

 

    • ダメージを受けた角質層の保護

 

    • 金属アレルゲンやハウスダスト、花粉などの刺激からお肌を保護

 

  • 乾燥予防効果

 

これらの効果がしっかり作用することでお肌のターンオーバーが整えられていき、乳児湿疹も改善していくという流れになっています。

 

傷ついたお肌にダイレクトに作用して治すというわけではなく、ファムズベビーはお肌をしっかり守って、赤ちゃんが持っている修復力をサポートするスキンケア製品なんです。

 

 

皮膚呼吸が心配になります・・・

お肌に張り付く合成ポリマーだと説明されると、今度は皮膚呼吸は大丈夫なの!?と心配になりますよね。

 

それについて抜かりなく対策をしているのがファムズベビーの魅力でもあります。

 

実はファムズベビーの『泡の粒子の大きさ』が、なんと『1000万分の6mm』というめちゃくちゃ小さな粒子担っているんです。

 

 

ごく一般的に、泡の大きさというのはだいたいこれは『2mm(ミリメートル)』なのだそうですが、ファムズベビーの泡の大きさは極小で『0.6ナノメートル

 

普通の泡の1/300万ということになります。ちょっと想像が追いつかないレベルの小ささなんですw

こうした泡の極小化を実現させたことで、皮膚呼吸を妨げない対策としているんです。



ファムズベビー最安値公式サイトはコチラから!

★最安値公式サイトはこちら★
ファムズベビー